中国料理専攻

CHINESE FOOD MAJOR

扱う食材や香辛料の種類がきわめて多く、長い歴史の中で独自の料理体系を確立し、北京、上海、四川、広東の「四大中国料理」として分類される。
また、医食同源の思想は中国料理にあると言われている。

学びのポイント

POINT

この組み合わせはNCTSだけ!

LICENCE

資格 資格

1年次
(全コース共通)

基本的な調理法の知識・技術の習得
特殊素材や道具の扱い方を学びます。

下ごしらえの手順や基本的な調理法の知識・技術の習得、特殊調味料の作り方や特殊材料の扱い方などの学習をはじめ、包丁の研ぎ方や基本的な使い方や切り方・タン湯のとり方・中華鍋の扱い方などの訓練を繰り返し行い基本技術の習得を目指します。

実習例 涼伴三絲、蛋花湯、青椒肉絲、蛋炒飯、杏仁豆腐 など

2年次
(中国料理専攻)

1年次に習得した基本技術を活かし
スピードを意識した実践さながらの学習を行います。

1年次の基本的な訓練を発展させた訓練を行いながら、宴会料理などを中心に前菜、湯菜、炒菜、焼菜、飯、点心のバリエーション、基本技術を生かした料理の知識・技術を学びます。また食事提供においては、レストラン形式でスピードを意識した、実践さながらの学習を行ないます。

実習例 広東蝦餃、担担麺、清蒸鮮魚、紅焼鶏塊、小龍包、鍋貼餃子 など

カリキュラム

CURRICULUM

プロの現場を意識し多種多様な実習を行い、
基礎から高度な技術まで確実に身につけます。
実践的な内容で、就職後の業務にもスムーズな対応が可能。

実習のポイントPOINT

01刀(ダオ)を扱う

中国料理独特の大きな包丁、刀(ダオ)。刀の正しい持ち方や切り方をマスター。

02鍋を振る

火を自由に操るために、炒飯で中国料理の基本、「鍋振り」の技術を習得します。

主な就職先EMPLOYMENT

ホテル、 中国料理店 など

特別講師

SPECIAL TEACHERS

本物を極めた一流の講師陣から学べることは数知れず。
プロの段取り、手さばき、言葉。
全てを貪欲に吸収しよう。

  • 中国料理特別講師

    りん くんび 先生

    鎌倉 凛林プロデューサー

  • 中国料理講師

    中野 豊 先生

    ホテルホークラ新潟中国料理
    料理長

  • 中国料理講師

    中野 好夫 先生

    ホテル日航新潟 中国料理課
    料理長