日本料理専攻

JAPANESE FOOD MAJOR

四季折々の食材に恵まれた日本の風土で発展してきた料理。
素材そのものの持ち味を活かす調理や、美しい盛り付けを通じて、お客様への「おもてなしの心」を学ぶ。

学びのポイント

POINT

この組み合わせはNCTSだけ!

LICENCE

資格 資格

1年次
(全コース共通)

日本料理における基本を中心に、
知識、技術を習得します。

野菜の切り方、茹で方、出汁の取り方、ご飯の炊き方、魚の扱い方、その料理法の知識、技術を習得します。

実習例 胡麻豆腐、鰯蒲焼、茶碗蒸し、天麩羅、出汁巻卵など

2年次
(日本料理専攻)

1年次に習得した料理の基礎を元に、
季節に合わせた会席料理を中心に実習を進めます。

応用として松花堂弁当や寿司などの知識を深め、また食事提供においては、レストラン形式で実践さながらの体験をします。
1年次から引き続き、桂剥きや出汁巻卵などの基礎訓練を組み入れ、さらなる基本技術の向上をはかります。

実習例 鯛桜蒸し、新緑豆腐、丸茄子袱紗焼き、菊花蕪鶏射込み、お造りなど

カリキュラム

CURRICULUM

プロの現場を意識し多種多様な実習を行い、
基礎から高度な技術まで確実に身につけます。
実践的な内容で、就職後の業務にもスムーズな対応が可能。

実習のポイントPOINT

01包丁の冴え

大根の桂剥きをはじめ、和包丁(薄刃・出刃・柳刃)の扱い方を身につけます。

02五法の活用

色や味わいの調和を図りながら、「生・焼く・煮る・蒸す・揚げる」5つの基本の作業(五法)を修得します。

主な就職先EMPLOYMENT

料亭、割烹、ホテル、旅館、寿司店、結婚式場 など

卒業生VOICE

料理が日に日に楽しくなります。

長嶋 菜々子さん

日本料理専攻2年 / 新発田農業高校出身

食事やおもてなしで、多くのお客様を笑顔にできる調理の仕事。実習は、料理の基本から丁寧に教えてもらえるので、最初できなかったことが少しずつできるようになり、料理をするのが日に日に楽しくなっていきます。授業は幅広く、サービスやバリスタの実習では、調理以外のスキルも身につきます。新潟調理は母と兄2人も卒業生であり、学校の雰囲気がとてもよく、先生と話しやすく、先輩との交流もあります。学校生活を楽しく安心して送れることが、この学校の好きなところです。

特別講師

SPECIAL TEACHERS

本物を極めた一流の講師陣から学べることは数知れず。
プロの段取り、手さばき、言葉。
全てを貪欲に吸収しよう。

  • 日本料理講師

    本間 忠治 先生

    大橋屋元料理長

  • 寿司講師

    川上 伸一 先生

    港寿司 代表取締役

  • 日本料理講師

    齋藤 正彦 先生

    ホテルオークラ新潟
    和食調理料理長

  • 日本料理講師

    刑部 宏昭 先生

    万代シルバーホテル和食料理
    長 / 平成4年度卒業

  • 日本料理講師

    佐野 秀之 先生

    迎賓館TOKIWA
    日本料理料理長