資料請求

オープンキャンパス

卒業生紹介・就職サポート

GRADUATE INTRODUCTION & EMPLOYMENT SUPPORT

はじまりは新潟調理師専門学校から。
そして今、地域で活躍する先輩たち。

活躍するOB・OG

Senior

「卒業」その先にある未来。

技術も心も。プロになるためのすべてがある学校。

長吉 和幸さん
〈H11年度卒業〉新潟市 「和食酒場 風花」 オーナーシェフ

入学当初は華やかなイメージのある西洋料理の道を目指していました。けれど実習してみると、それまで食べてきた和食と違い、味噌汁一つとっても驚くほどおいしい。そんな和食の奥深さに惹かれて日本料理を専攻しました。新潟調理師専門学校は、プロを育てる学校です。「料理が好き」という出発点から、プロに向けての気持ちを作ってくれる先生が大勢います。知識や技術はもちろん、食材への感謝や道具の扱い方、料理に向きあう姿勢を学ばせていただけたことが今に生きています

新潟調理で「好き」が「仕事」になりました。

高原 里佳子さん
〈H27年度卒業〉東京都 「帝国ホテル東京」勤務

幼いころから料理が好きで、自分の作るもので人に喜んでもらいたくて料理の道を選びました。進学は、「1つ1つの基礎技術をできるようになるまで教える」という方針に共感して新潟調理を選びました。在学中は衛生面や調理器具の整理整頓を特に指導していただき、今も心に刻んでいます。新しい調理技術や盛り付け方などまだまだ知らないことも多く、やはり料理は奥深い世界。もっとおいしくするにはどうしたらいいのだろう、と考えながらの毎日ですが、「料理が好き」という気持ちを大切にこれからも頑張りたいです。

「おいしかった。!」の笑顔をパワーに変えて。

野瀬 綾さん
〈H21年度卒業〉新潟市 幼保連携型認定こども園 しょうとくこども園勤務

「子どもの給食を作る仕事がしたい」という幼いころからの夢をかなえるため、専門的に給食調理を学べるこの学校を選びました。数人でクラス全員分の食事を作る実習では、調理だけでなく献立作成からカロリー計算、材料の買い出しまで一通り経験。そのことが今の職場でも大変役立っています。日々時間との勝負だったり、体力が必要だったりと大変なこともありますが、それよりも楽しさが上回る仕事です。子どもの「おいしかった!」の言葉に毎日パワーをもらっています。

お客様の気持ちに寄り添う料理と接客を。

岩方 美樹さん
〈H24年度卒業〉マテリアルカフェ

前職のホテルで洋食兼デザートの配属となりお菓子作りに魅了され、今のお店に入りました。お客様が喜ぶ料理を作る、お客様の気持ちになって接客サービスをする。そのどちらも欠けてはいけませんし、新潟調理で基礎となる技術やレストランサービスを学んだことで、今、お客様の気持ちにより添えられると感じます。メニュー開発では自分の考えた料理が形になるのが大きなやりがいです。お客様の笑顔と「おいしかったよ」の言葉が活力になる、すてきな仕事です!

調理とサービス、両方学べてよかった。

横山 友香さん
〈H29年度卒業〉ホテルニューオータニ長岡  日本料理 胡蝶

新潟調理に入ってよかったと思うのは、料理の仕事は調理師だけじゃない、と気付けたことです。私はレストランサービス実習で接客の楽しさに目覚め、先生にも親身になって相談に乗っていただき今の仕事に就くことができました。
お客様に食材や調理法について聞かれたときも、実習で得た知識や学生レストランでの経験がとても役に立っています。調理とサービスの両方を深く学べたこと。それが一番の財産です。

きれいな焼き色を見ると胸が躍ります。

池内 新さん
〈H29年度卒業〉新潟パン 冨士屋

小さい頃からパンが好きで、いつしかパン職人に憧れるようになりました。新潟調理は業界とのパイプが太いと知り、地元の友人と一緒に進学しました。冨士屋は新潟の中でも老舗のベーカリーで、より高い技術が身に付けられると思い就職を決めました。今は焼き担当で、オーブンから出したときに良い色、良い形のパンが焼き上がっているとうれしく、たくさんの人に食べてほしいという気持ちになります。

Cucina Italiana La Gemma シェフ
菊池 正史さん

平成12年度 / 調理ビジネス科(現フランス・イタリア料理専攻)卒業 → ラ・ジェンマ(新発田市)オーナーシェフ

「9万分の1」の食事をもっとおいしく、
幸せなものにしたい。

「人が一生涯に摂る食事は約9万回。その1回に選んでくださったお客様に感謝しなければならない」というのは、専門学校の頃に聞いた授業の受け売りですが(笑)、今はしみじみと実感します。お店ではご注文の際に苦手な食材がないかお聞きするなど、できるだけ個別のご要望にお応えしています。それは、大切な1回の食事を気持ちよく召し上がっていただきたいから。そうしてお客様とコミュニケーションを取り、料理を通じて心が通い合った瞬間は最高にうれしいです。自分の家族や恋人に料理を作る時は気持ちがMAXになるものですが、そのベクトルをお客様に向けることで、「おいしかった!」「また来ます」という言葉や笑顔になって跳ね返ってくる。それが一番の原動力ですね。

Profile

1980年、新発田市生まれ。子どもの頃に食べたボンゴレスパゲッティがきっかけで料理の道を志す。卒業後さまざまな店で経験を積み、2010年「ラ・ジェンマ」をオープン。その間も2度イタリアへ食べ歩きに行くなど、料理への好奇心は尽きない。最近はイタリア野菜の自家栽培にトライしているそう。

活躍する卒業生

Professional

  • 鍋茶屋

    料理長

    中島 元吉さん

    昭和55年度卒業

  • 湯沢東映ホテル

    料理長

    遠山 茂さん

    昭和59年度卒業

  • 万代シルバーホテル

    和食料理長

    刑部 宏明さん

    平成4年度卒業

  • ホテルオークラ新潟

    洋食調理課
    バイキングレストランつばき料理長

    渡部 浩徳さん

    昭和61年度卒業

  • 行形亭

    料理長

    吉田 和行さん

    昭和61年度卒業

  • 新潟グランドホテル

    洋食調理部長

    諸橋 達也さん

    昭和57年度卒業

  • ANAクラウンプラザホテル新潟

    中国料理長

    代田 純さん

    昭和60年度卒業

就職サポート

Support

希望の職種が叶う「理由」がある。

開校55年

55年の伝統による圧倒的なネットワークと活動中の先輩が生み出す業界からの絶大な信頼感は就職に対して大きなアドバンテージを生み出します。

就職率100%

常に就職を意識した親身で、厳しく、丁寧な指導で希望する分野、勤務先、企業形態などを何度も話し合い、希望の就職を叶えられるようにアドバイスしています。

面接練習

本番さながらのトレーニング

入社試験で最もウェイトが大きい面接に備え、身だしなみ、立ち振る舞い、言葉遣いの指導に力を入れています。また、過去の試験データから質問を予測する対策も。自分の言葉で話し、実力を発揮できるまで練習を重ねます。

アルバイト情報紹介

就職先の検討材料にも

当校では、飲食店でのアルバイトも推奨しています。現場で経験を積むことで日頃の授業にプラスになることはもちろん、就職先を考える際にも参考になります。希望者にはアルバイト先の情報を提供します。

MESSAGE

学校生活すべてが就職試験対策です。

我々の使命は、食のエキスパートを育成し、社会へ送り出すこと。就職率100%は当たり前、生徒一人ひとりが就職先で仕事を続ける、定着率100%こそが目標なのです。まずは「内定」というスタートラインに立たせるため、学校生活のすべてが就職試験対策に結びつきます。校内での挨拶、何気ない会話、コミュニケーションを通して生徒との信頼関係を築きます。この先生の言うことなら間違いない、「信頼」という強い絆のもと、目標に突き進みます。

就職指導担当 高山 敦

内定者VOICE

何事も経験あるのみ!
思い切って挑戦して良かった。

内山 新汰さん

ホテルオークラ東京 内定
専門調理コース フランス・イタリア料理専攻 / 小千谷高校出身

一流ホテルを目指して就職活動をしていました。当初は県内の予定でしたがアルバイト先の総料理長から「オリンピックに合わせて新しくなる東京で羽ばたいて来い」と自身の上昇志向を後押ししていただきました。学校生活では、より現場に近い学生レストランで学ぶことができ、実践力が身に付きます。フランス留学も経験し、料理はもちろん、今までと違う環境で生活する対応力や、簡単な会話程度のフランス語も習得できました。新潟調理師専門学校は、多くのことを学べる学校です。それは実際に現場で経験を積んだ先生が大勢いることも理由の一つだと思います。高いレベルで学びたい人、新潟や東京への就職を希望する人には、ぜひ当校をおすすめしたいです。

駒形 勇太郎さん
2年間の学校生活で得たものは、
社会人として必要なことばかりでした。

大滝 美里さん

特別養護老人ホーム よねやまの里 内定
こども栄養給食コース / 高田商業高校出身

母親が保育園の調理師をしていたことあり、地元の子ども達やお年寄りのためにお役に立ちたいと、入学前から上越エリアの施設で働こうと決めて、1年生のうちから就職活動を始めていました。高校の授業で実習に行っていた施設でもあり、また新潟調理師専門学校で学んだ介護食の知識も活かせるので、就職活動に迷いはありませんでした。また、集団調理のキャリアを積んでいくことで、これからの長い人生の中の転機で、どこに行ったとしても、保育園や介護施設で食べ物を作ることが出来ると考えています。2年間の学校生活で得たものは、全て就職し社会人として生きていくために必要なことばかりで、新潟調理師専門学校に進学して良かったと思っています。

山田 野乃さん