資料請求

2022.05.21 SAT
オープンキャンパス

就職サポート

SUPPORT

伝統と実績で理想の就職を叶える

希望の職種が叶う
「理由」がある。

開校57年

56年の伝統による圧倒的なネットワークと活動中の先輩が生み出す業界からの絶大な信頼感は就職に対して大きなアドバンテージを生み出します。

就職率100%

常に就職を意識した親身で、丁寧な指導で希望する分野、勤務先、企業形態などを何度も話し合い、希望の就職を叶えられるようにアドバイスしています。

食の世界で輝く
センパイたちOB & OG

  • 長吉 和幸

    平成11年度卒業

    和食酒場 風花(新潟市) オーナーシェフ

  • 岩方 美樹

    平成24年度卒業

    マテリアルカフェ(新潟市)

  • 横山 友香

    平成29年度卒業

    ホテルニューオータニ長岡 日本料理 胡蝶(長岡市)

就職サポートの特徴FEATURES

個別ヒアリング
未来を一緒に考えよう

新潟調理師専門学校では、クラス担任、実習担任、就職担当、学校長と多方向からのヒアリングを実施。例えばホテルへの就職希望なら、「なぜホテルで働きたいのか」というところまで掘り下げ、夢の実現を丁寧にサポートします。

面接練習
本番さながらのトレーニング

実は、調理系の入社試験は8〜9割が面接のみ!新潟調理師専門学校では面接に備え、身だしなみや立ち振る舞い、言葉遣いを丁寧に指導。自分の言葉で話せるようになるまで練習を重ねます。

アルバイトの推奨
就職活動にも有利です

NCTSでは8割近い学生が飲食店でアルバイトをしています。新潟駅が徒歩圏内で選択肢が多いのも魅力。アルバイト先にそのまま就職したり、就職先を紹介してもらえるなどのアドバンテージもあります。

学校生活すべてが就職試験対策です。

就職指導部長高山 敦

我々の使命は、食のエキスパートを育成し、社会へ送り出すこと。就職率100%は当たり前、生徒一人ひとりが就職先で仕事を続ける、定着率100%こそが目標なのです。まずは「内定」というスタートラインに立たせるため、学校生活のすべてが就職試験対策に結びつきます。校内での挨拶、何気ない会話、コミュニケーションを通して生徒との信頼関係を築きます。この先生の言うことなら間違いない、「信頼」という強い絆のもと、目標に突き進みます。

令和3年3月卒業生 主な就職先

  • 日本料理

    料亭 鍋茶屋(新潟市)、日本料理 大橋屋(新潟市)、新潟グランドホテル(新潟市)、新潟第一ホテル(新潟市)、たん熊北店(東京都) ほか

  • 西洋料理

    ホテル日航新潟(新潟市)、ホテルイタリア軒(新潟市)、新潟グランドホテル(新潟市)、ニューオータニ長岡(長岡市)、バナナ・ウインズ(長岡市) ほか

  • 中国料理

    ANAクラウンプラザ新潟(新潟市)、ホテル日航新潟(新潟市)、新潟グランドホテル(新潟市)、南国酒家(新潟市)、比他棒(上越市) ほか

  • 製菓・製パン

    新潟菓子工房 菜菓亭(新潟市)、ガトーシェフ 三昧堂(新潟市)、石窯パン工房 サフラン(新潟市)、アンジュ(燕市)、Joël Robuchon(東京都)、ホテル雅叙園東京(東京都)、菓遊専心 戸田屋正道(山形県) ほか

  • 給食

    日清医療食品(新潟市・新発田市・阿賀野市)、信楽園病院(新潟市)、有田病院(新潟市)、須田保育園(加茂市) ほか

  • レストランサービス

    ホテル日航新潟(新潟市)、ホテルイタリア軒(新潟市)、Joël Robuchon(東京都) ほか

  • その他

    里味(新潟市)、みやび食品(新潟市)、あんずお肉の工場直売所(新潟市)、海技教育機構(横浜市) ほか

卒業生VOICE

何事も経験あるのみ!思い切って挑戦して良かった。

就職先:ホテルオークラ東京(東京都)内山 新汰さん(令和2年3月卒)専門調理コース フランス・イタリア料理専攻 / 小千谷高等学校出身

一流ホテルを目指して就職活動をしていました。当初は県内の予定でしたがアルバイト先の総料理長から「オリンピックに合わせて新しくなる東京で羽ばたいて来い」と自身の上昇志向を後押ししていただきました。学校生活では、より現場に近い学生レストランで学ぶことができ、実践力が身に付きます。フランス留学も経験し、料理はもちろん、今までと違う環境で生活する対応力や、簡単な会話程度のフランス語も習得できました。新潟調理師専門学校は、多くのことを学べる学校です。それは実際に現場で経験を積んだ先生が大勢いることも理由の一つだと思います。高いレベルで学びたい人、新潟や東京への就職を希望する人には、ぜひ当校をおすすめしたいです。

駒形 勇太郎さん
2年間の学校生活で得たものは、社会人として必要なことばかりでした。

就職先:特別養護老人ホームよねやまの里(上越市)大滝 美里さん(令和2年3月卒)
こども栄養給食コース / 高田商業高等学校出身

母親が保育園の調理師をしていたことあり、地元の子ども達やお年寄りのためにお役に立ちたいと、入学前から上越エリアの施設で働こうと決めて、1年生のうちから就職活動を始めていました。高校の授業で実習に行っていた施設でもあり、また新潟調理師専門学校で学んだ介護食の知識も活かせるので、就職活動に迷いはありませんでした。また、集団調理のキャリアを積んでいくことで、これからの長い人生の中の転機で、どこに行ったとしても、保育園や介護施設で食べ物を作ることが出来ると考えています。2年間の学校生活で得たものは、全て就職し社会人として生きていくために必要なことばかりで、新潟調理師専門学校に進学して良かったと思っています。

山田 野乃さん