資料請求

6/22SAT
オープンキャンパス

ブログ

Blog

コラム

2024.6.3

パティシエになるには学校に通うべき?最短でなるオススメの方法を教えます

コラム


パティシエは多くの人気を持つ職業として、高い需要があります。パティシエが活躍できる職場も多く、今後もさまざまな場所でパティシエの腕が求められると予想されるでしょう。そんなパティシエを目指す際には、いくつかのルートが考えられます。独学でパティシエを目指すべきか、専門学校に通ってスキルを身につけるべきか、悩んでいる人も多いでしょう。

本記事では、パティシエになる際に学校に通うべきか解説します。最短でパティシエになれる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

パティシエになるには?


パティシエになるのに、特別な資格は必要ありません。極端な話、無資格で経験がなくても、パティシエとして採用されることは可能です。しかし、多くの職場では即戦力として働ける人材を求めているため、未経験のパティシエを雇用するケースは珍しいと言えるでしょう。仮に未経験で入社できたとしても、パティシエのスキルを一から教えてくれることは少ないため、独学で学習する必要があります。仕事をしつつパティシエの知識・技術を身につけていくのは容易ではないため、途中で仕事が続けられなくなる可能性も懸念されるでしょう。

 

独学でパティシエを目指すのは難しい?


パティシエについての知識や技術は、独学でも習得が可能です。しかし、独学で本格的な知識・技術を身につけるのは、困難だと言えるでしょう。正確な技術を教えてくれるアドバイザーがいないため、ときには間違った方法を学んでしまい、時間を無駄にすることもあるでしょう。また、自分で課題を発見して解決していく自主性も求められます。そういったことから、独学でパティシエを目指すのは難しいと考えられます。

 

パティシエになるには実践的な練習が重要

パティシエになるための通信講座なども、近年は充実しています。しかし、パティシエになるには、実際にお菓子をつくり、店舗での働き方を体験することが重要です。通信講座などでは実践的な学習ができないため、仕事に応用できるスキルの獲得が難しくなるでしょう。

 

独学はモチベーションの維持が難しい

そのほか、独学は勉強のモチベーションを維持するのが難しいという特徴もあります。誰も自分の練習を見てくれないと、孤独感が強まってやる気が低下する恐れがあります。一緒に勉強する仲間や講師がいないと、サボり癖がついてしまい、パティシエを目指すための勉強が疎かになっていく可能性も懸念されます。自分1人でモチベーションを維持するのは簡単ではないため、独学はかなりハードルの高い方法だと言えるでしょう。

 

最短かつ効率的にパティシエを目指すのなら専門学校がおすすめ!


最短かつ効率的にパティシエを目指すのなら、専門学校への進学がおすすめです。専門学校ではパティシエを目指す人たちに向けて、専門的な授業を展開しています。パティシエとして働くために欠かせないお菓子作りのスキルや、店舗運営に関する実践的な能力などをスムーズに習得できるため、短期間でパティシエになるための準備ができます。

パティシエの人気の高まりに合わせて、多くの専門学校がパティシエ向けの学習コースを開設しています。しかし、専門学校ごとに学びの特色があるので、事前に進学先をピックアップして選別することが重要です。例えば以下の要素をチェックし、専門学校選びをするのがポイントになります。

・パティシエになるための学習環境・設備が充実しているか
・実習の回数が多いか
・就職実績が多数あるか
・就職支援に力を入れているか
・有益な資格取得が可能か
など

是非参考にしてみてください。

 

「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」なら最短でパティシエを目指せる!


「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」は、上記でピックアップした要素を満たす専門学校です。カフェ・スイーツ専攻では洋菓子や和菓子の製菓技法や、製パンの技術を学び、実践で活かせるだけの能力を身につけられます。座学での学習はもちろん、実習カフェスペースを使った実践的な勉強も可能なため、パティシエになるための能力と自信を身につけられます。カフェスペースでは、どのような空間をつくるのか、どんなスイーツ・ドリンク・料理を出すのかなどを自分たちで考え、独自のカフェを展開することが可能です。経営者視点を持つきっかけになり、お客様のことを考えながら仕事をする意識が自然と根付きます。製菓の知識・技術を活かす場所にもなるため、リアルにパティシエの仕事を体験できます。

また、「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」では、バリスタに関するスキルの習得も可能です。コーヒーやスイーツに関する知識を深めつつ、本格的な技術で商品を提供する方法を学べるため、バリスタのスキルを持つパティシエとして働くことも目指せます。バリスタもカフェや飲食店で働く人材として高く評価されているため、そのスキルは就職のあらゆるシーンで役立つでしょう。

また、「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」では、「調理師免許」「3級レストランサービス技能士受験資格」「ラッピングクリエイター3級」の資格取得を目指せます。この資格の組み合わせは、
新潟県の専門学校ではここだけです。製菓と調理の両方が学べるので将来の就職の幅を広げられます。

2年間であらゆるスキルの習得を目指せるため、最短でパティシエになるのなら「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」への進学をぜひご検討ください。

 

まとめ


パティシエになる場合、独学で勉強する方法と、専門学校などに進学して学ぶ方法があります。独学でもパティシエになることは可能ですが、その道は険しく、途中で挫折する可能性も高いでしょう。一方で専門学校で学ぶ方法なら、本格的なスキルをスムーズに身につけつつ、モチベーション維持しながらパティシエを目指せます。優秀な講師陣からアドバイスを得られる環境や、同じ夢を持つ仲間たちと切磋琢磨できる状況は、パティシエになるための最短ルートを実現するでしょう。

「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」なら、パティシエになるための基本から応用まで幅広く学べます。一人ひとりに対する就職支援も充実しているため、「どんなパティシエになりたいのか」という点を重視して、将来設計を立てられます。この機会に「新潟調理師専門学校」の「カフェ・スイーツ専攻」の特徴や魅力を、ホームページや資料請求からぜひご覧ください。

 

 

アーカイブARCIVE

ソーシャルメディアSNS