資料請求

6/22SAT
オープンキャンパス

ブログ

Blog

コラム

2024.6.3

調理師は大変な仕事?気になる仕事内容を解説します

コラム

調理師は飲食店や食品の製造・加工を行う企業など、多くの職場で活躍できる職業です。その需要は高く、調理師として働ける人材はいまも幅広い業界で求められています。調理師を目指す際には、調理師の仕事内容を正確に理解し、働き方を事前に把握しておくことが重要です。これから調理師になるのなら、まず主な仕事内容をチェックして、どんな業務を担当するのかイメージしてみましょう。

 

本記事では、調理師が担当する主な仕事内容について解説します。

 

調理師とはどんな仕事?


そもそも調理師がどんな職業なのか、どのような役割を担うか分からない人も多いです。「料理をする仕事」という回答は正解ですが、調理師の仕事はそれだけではありません。調理師に求められる仕事や役割は数多く、さまざまな業務に対して臨機応変に立ち回る必要があります。

 

以下では、調理師という仕事の基本を解説します。

 

調理師は料理に関するあらゆる業務を担当する職業


調理師は、料理に関するあらゆる業務を担当する職業です。料理を作ることはもちろん、職場を管理したり、スタッフを育成したりと、さまざまな業務が担当領域になります。ただ料理を作るだけでなく、店舗運営や職場の管理に必要な仕事を積極的に引き受けることも、調理師に求められる役割です。

 

調理師の仕事は人々の食事を豊かにしたり、食材の栄養によって健康を促進したりと、幅広い内容となっています。「美味しい料理を作って楽しい食事の時間を提供する」「バランスの取れた食事で健康の維持をサポートする」「食の安全を守るための衛生管理を行う」など、さまざまな仕事を調理師としてこなします。

 

調理師の仕事は就職先によって変わることも


調理師は飲食店など食品をメインに扱う職場以外でも、活躍する機会が増えています。例えば病院や学校、結婚式場、料理教室などに就職し、そのスキルを活かして働くケースも多いです。各職場で調理師に求めることは変わるため、就職時には業界・業種の特徴を把握するのがポイントです。特別に学ぶべきことや意識して働くべきことを知れれば、調理師としての役割を果たしながら仕事ができます。

 

調理師の主な仕事内容


調理師として働くのなら、一般的な職場で任せられる仕事内容を事前に把握するのがおすすめです。基本となる仕事を確認して、必要なスキルを理解できれば、スムーズに職場に馴染めます。

以下では、調理師の主な仕事内容を紹介します。

 

美味しい料理の提供

調理師の仕事におけるメインとなるのは、やはり料理の提供です。ただ料理を作るだけでなく、常に高水準の「美味しい料理」を提供し、お客様に満足してもらうことが調理師の仕事になります。飲食店のランチやディナーなど混み合う時間には、限られた時間で美味しい料理を的確に作っていく必要があります。1度も手を抜くことが許されないため、高い集中力を持って仕事に取り組むことが重要です。

 

職場の衛生管理

職場における衛生管理も、調理師の仕事です。調理する現場の衛生状態が良好に保たれているかチェックし、安全な食事を提供できる環境を維持する必要があります。ときにはスタッフに指導を行い、清掃方法などを改善することも調理師の役割になります。衛生管理は料理を行う厨房だけでなく、お客様が食事をするテーブルやイス、店舗の外側も含まれます。また、食材の衛生状態を管理し、食中毒などの問題が発生しないように備えるのも仕事です。

 

仕入れや在庫管理

料理に使う食材の仕入れや在庫管理も、調理師の仕事のうちです。冷蔵庫に保管されている食材の種類・量は常に把握し、必要に応じて発注作業を行います。余った食材の状況もチェックし、どのように処理するか考えるのも調理師の仕事です。仕入れ方法や管理方法は店舗および業種によって変わるため、職場のスタイルを把握したうえで業務を担当するのがポイントです。

 

新メニュー開発や既存メニューの改善

新メニューを開発して新しい味を提供するのも、調理師の仕事です。特に個人経営の飲食店やベンチャー企業の場合、新メニューがその後の運営に大きな影響をおよぼす可能性もあります。知識やセンスを活かして独自のメニューを考案できれば、職場に貢献できるでしょう。また、既存メニューを改善して、リニューアルするのも調理師の役割です。ときには時流に合わせてメニューを改善し、お客様にアピールする方法も考えられます。

 

食に関する情報発信

調理師は食に関する情報発信を行うのも、仕事になります。多くの人がSNSで情報を確認している現代では、積極的なSNSマーケティングを調理師自身が実践することも重要です。調理師として職場で人気のメニューを紹介したり、季節に合った食材や調理方法を動画で配信したりと、さまざまな方法が考えられます。基本的に調理師個人ではなく、職場の代表として情報発信を行うことになります。この時代、SNSで注目を集められれば売り上げに大きく影響するため、調理師自ら情報発信を行うことも重要な仕事になっています。

 

そのほか、有名な調理師になれば、雑誌やネットニュースなどの各種メディアに対応することも、仕事の一環になる可能性があります。

 

調理師の仕事で必要になるスキル


調理師の仕事に求められるスキルには、以下のものがあります。

・新しいメニューを導入する積極性

・最新トレンドを追いかける情報収集力

・周囲と協力して仕事をするコミュニケーション能力

・美味しい食事の提供や衛生管理にやりがいを感じる心

など

 

調理師として活躍し続けるには、さまざまなスキルや考え方を身につける必要があります。スキル不足はスムーズな業務を妨げ、仕事へのモチベーションを下げる原因にもなり得ます。事前にある程度のスキルを身につけたうえで、調理師として就職することが理想となるでしょう。

 

仕事に求められるスキルを学ぶには、調理師の専門学校に進学する方法がおすすめです。調理師の専門学校では、調理師として必要な知識・技術を習得できます。実習の機会も多いため、実践的なスキルと調理師の業務における「慣れ」を手に入れられます。調理師になるのなら、専門学校への進学をぜひ検討してみてください。

 

まとめ


調理師の仕事内容は多岐にわたり、就職後はさまざまな業務を担当する可能性があります。基本的な仕事内容を把握し、必要なスキルを身につけることで、即戦力として活躍可能です。まずは調理師の仕事内容についての基本を、この機会に確認してみましょう。

 

調理師になるのなら、「新潟調理師専門学校」の「調理師科」への進学がおすすめです。本格的な学習環境と充実した実習によって、仕事で求められるスキルを早くから獲得できます。「新潟調理師専門学校」ならではの特徴・魅力はたくさんあるので、ぜひホームページや資料請求で詳細をご覧ください。

アーカイブARCIVE

ソーシャルメディアSNS